img01   

ドームが園にやってきて

 

バスターミナルのホールに大きなドームが出来上がり天体ショーの始まり始まり!!

思っていたより本格的でビックリしました。60人は入れるドームですが、コロナのリスクを考え3グループに分かれで行いました。ドーム内の換気もよくもちろん内容も素晴らしく、子ども達に分かりやすいように上手に説明をしてくださいました。

ドームの外は雨でもドームの中の星空はハッキリ、バッチリ7月14日の星空が映し出されます。中に入った子ども達からは「わーきれい!!」「すごーい!!」と歓声が上がりました。

ドームの中では、今日の夕方から明日の朝までの星の様子を見ながら説明を聴いたり歌を歌ったりしました。夏の夜空を飾るのは天の川を中心とした夏の大三角。ひこ星(アルタイル)と織姫(ベガ)を教わり自分で星のシールを張ります。

子供たちには少し難しいかもしれませんが、夜空に光り輝く神秘的な星空の美しさは、子ども達の心に感動と共に素敵な思い出を残してくれると思います。

今年の夏は長野県の「日本一きれいな星空」と言われている某所に行ってみようかなーと思った園長でした。近郊でどこか素敵な星空が見られるところがあったら教えてくださいね。