img01   

トマト克服大作戦大成功!!

年中さんが栽培していたミニトマトの収穫を行い、ほぼ全員食べることが出来ました。

年長さんのピーマンと同じ、子どもの苦手な野菜トマトにあえて挑戦することで、それを食べられたという成功体験は子どもに大きな自信となります。やっぱり自分達で育て収穫したトマト、苦手な野菜でも「みんなで食べると美味しいねー」なんです。

SDGsの取り組みの一環でもある、作る方への感謝を持って美味しくいただき、無駄にしない。そんなことも自然に学べる環境づくりが、子ども達がSDGsを難しい事ではなく身近なことで自分達にも出来るのだと思える大切なことだと思います。

いい笑顔ですねー 癒されますねー