img01   

もうすぐ卒園ですねー

エントランスに年長さん最後の壁面飾りが掲示されました。

今日は卒園式の練習の中でお話をしました。「小学校に行ったら弱虫の流す汚い涙はなるべく流さないで、嬉しい時・感動した時・本当に悲しい時に流す、心のきれいな人にしか流すことのできない綺麗な涙を流せる人になってほしい。卒園式の時にママや先生たちが涙を流すと思いますが、これは汚い涙ではなく、みんながこんなに立派に大きくなってうれしい気持ちと、お別れの寂しい気持ちで流れるきれいな涙です」こんな難しいこと幼稚園の子どもに言っても分からないと思うでしょうが、それでもいいんです。いつか涙が流れそうなときに思い出してくれれば・・・。こんな話をしながら、真剣に話を聞く子ども達の視線がまぶしく目頭が熱くなりました。コロナ禍で式は縮小・時短になりますが、子ども達の頑張っている成長した素敵な姿はカットすることなくご覧いただけるよう、計画を進めています。おたのしみにお待ちください。

嬉しくもあり、悲しくもあり 複雑な今日この頃です。