img01   

お雛様を飾りました

エントランスにお雛様を飾りました。子ども達にとって7段飾りは珍しいのでひよこさんは「大きいー」等と言いながら周りで見ています。

お内裏様や三人官女、五人囃子ぐらいまでは歌にも出てくるので、知っている子も多いのですが、その下の右大臣・左大臣、三人仕丁まではなかなか分かりませんね、きっとお父様お母様もご存じない方も多いのではないのでしょうか。この機会にお子さんと一緒に調べてみるのも良いですね。

ちなみに、ご存じの方もいらっしゃると思いますが「うれしいひなまつり」の2番の歌詞で「お内裏様にお雛様」とありますがそれは作詞家のサトウハチローさんが間違えていたということで、一番上は男雛と女雛です。そしてその二人を一緒にお内裏様と言います。又お雛様とはお内裏様・三人官女・五人囃子等々全部の事を言います。可愛いお雛様を見ながらこんなお話も楽しいかもしれませんね。

お子さんの話にゆっくり耳を傾ける時間が増えると、楽しいことがたくさん見えてきます。コロナ自粛が続いて気もめいりがちですが、コロナのおかげで子ども達とお話しする時間かたくさんできて良かったと思えれば自粛生活もまんざらでもなくなります。結局自分自身の心の持ち方で不平不満の人生か、楽しい幸せな人生かも決まるのかもしれませんね。

私はいつも子ども達とのかかわりの中で幸せを沢山もらっています。せっかく杉戸白百合幼稚園のファミリーになったのですから、皆さんも一緒に幸せの窓から前向きに物事を見てまいりましょう。

保育室から「うれしいひなまつり」の曲が聞こえてきなした。穏やかな幸せな気持ちになって一緒に口ずさんでいる園長でした。