img01   

遊具が綺麗になりました

新学期に向けて遊具のメンテナンスが終わりました。

綺麗に塗られた汽車を見てあすなろの子ども達が「オー綺麗になった・新しいみたい」等と興味津々、今日から遊んで大丈夫ですと言うと、我先にと汽車に突進!! 喜んでくれるのは良いのですがこれでは密ですね。「これじゃあ蜜・蜜・離れて」と叫ぶ先生をよそにこんな様子の子ども達でした。

パンダも綺麗になりました。ちなみにこのパンダは40年以上前から杉戸白百合幼稚園の一員です。時々卒園児のお父様から「このパンダ、僕が幼稚園にいた時にありましたよね?」と聞かれることがありますが、そうなんです。そのパンダなんです。そんな思い出深いパンダなので大事に大事にメンテナンスをしながら使っています。パンダだけでなく隣にいるトラも仲間です。像とライオンは何年か前に皆さんが集めてくださっているベルマークで設置してもらったものです。

園舎も建て替え遊具も入れ替えた時に、卒園児に懐かしいものをと思ってパンダとトラを工場にもっていってメンテナンスをして残したのです。気が付いてくれる卒園児(お父様)も多く残してよかったと思っています。ちなみに新しいものを買った方が安いぐらいメンテナンスにかかっていますが、「思い出」はお金に換えられるものではないと、このパンダを見ると感じます。いつまで元気に頑張れるか分かりませんが、思い出と共に大切に使っていきたいと考えています。