img01

予行練習お疲れさまでした

予行練習お疲れさまでした

幼稚園では戻ってすぐに反省会を開き、皆で「あそこはこうした方が・ここは良かった・これは良くない」等々意見を出し合い、本番に向け調整を始めています。

「すごい・エー大丈夫・・・」等々感じたことはいろいろだと思いますが、本番では確実に予行よりも一段と素晴らしくなった舞台を見ていただけると思います。

予行は子ども達が会館に慣れることと舞台の位置の確認、お家の方の着替えの時間配分と踊っている間の着崩れなどの改善が目的ですが、もうひとつ大きな目的は、子ども達が自信を持って本番に臨めるようやる気を持たせることです。幼稚園では「予行の時よく頑張りましたね。とってもカッコ良かった・・・」等々褒められて「本番までもっと練習してもっともっと上手に踊れるように頑張りましょうね、お家の方も予行よりこんなに上手になった!!とびっくりしますよ」等と話して、子ども達のやる気ボタンを押すことです。これが幼児教育で育みたい環境を通して行う教育の「学びに向かう力」を養う大切な部分です。

ご家庭でも本番に向けお子さんのやる気がますます大きくなるような言葉掛けをお願いします。