img01

防災の日

9月1日の防災の日にちなみ、消防署の方においでいただき、地震と火災避難訓練を行いました。

関東大震災が発生した日であること。又、9月1日が暦の上では「二百十日」に当たり、台風シーズンの到来となるということで昭和35年に設定された防災の日です。

いろいろなところで様々な災害が報道され、災害予想マップ等を見る機会も増えている昨今、大切な子どもたちを守るために、真剣に取り組まなくてはなりません。

ご家庭でもこの機会に、家族で話し合い、万が一に備えることが大切ですね。

ちなみに、今日の訓練では「先生の誘導も機敏で、子どもたちも騒いだり泣いたりすることなく先生の指示に従いよく避難が出来ていました」とお褒めの言葉をいただきました。

なにも無く平和に暮らせるのが一番ですが、「備えあれば憂いなし」のとおり、何があっても子どもたちを守れるように、これからも訓練をしっかり行ってまいります。

二枚目の写真は、消火器を使って消火訓練をしている職員です。