img01

初めての保育参観

昨日ひよこ組の保育参観が行われました。
入園してまだ1週間、泣いている子がいるのはあたりまえです。

普段は泣かない子も親の顔を見て泣きだしたり、ママの側に駆け寄って離れなかったり…でもこれが当たり前なんです

 たった一週間でも、自分の靴箱やロッカーをおぼえ、お歌を歌ったり、お返事をしたり、お椅子に座っていられたり、これってすごい事なんです。

大人から見ると、小さな事でも子ども達にとっては大変な事・すごい事が沢山あります。。
どんなに小さなことでも、見つけて認めて褒めてもらえると、嬉しくて嬉しくて又頑張ろうと思うのです。

小さくても沢山の成功体験を重ねていくことが、大きな成長に繋がることを忘れないで、子どもの頑張りを見のがすことの無いように、確りと向き合ってまいりましょうね。

 初めての参観では、子ども達一人ひとりがそれぞれに頑張っている素敵な姿をご覧いただけたのではないでしょうか。

 これからも「幸せの窓」から子どもを見つめて沢山の幸せを探してまいりましょう。

役員・委員選出も協力的な方が多く、直ぐに決まったクラスも多かったようで。

運動会委員さんが決まらなかったクラスがあったようですが大丈夫です。
他のクラスの委員さんにご協力いただき運動会を進めましょう。
こんな時こそ杉戸白百合幼稚園ファミリーの強い絆の見せどころかもしれませんね。

もし、他のクラスで運動会委員が少ないならお手伝いしましょうと、ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお待ちしています。

 昨日は、頑張ったお子様をお家で沢山褒めていただけたようですね。
褒められたお子様も褒めたご家族も、嬉しくて幸せになれたのではないでしょうか。
心なしか今朝の子ども達の笑顔が輝いているように感じたのは、その成果ではないかと、嬉しくなった園長でした。。